叱る時

叱る時に気をつけておきたいのは失敗した時の子供の反応です。負けず嫌いな子供はあえて見ないふり諦めてしまう子供には声をかけてみるなど子供にあった許しとい方をするのがいいですね。子供の小さな失敗は当然です。どこで失敗してどういう風に体を動かせば成功するかおこどもの一生懸命学んでいる最中ですマルお母さんは子供が失敗しても焦らずしからずどうすればよいかを教えるだけで大丈夫です。自分で始末できるようになっても自分一人で任せるのではなくお母さんがお手伝いすると子供の心は落ち着きます。失敗して癇癪を起こしてしまう子は負けず嫌いな子です丸乗船したもののうまくできないと悔しがっています。ここでお母さんがあれこれ面倒を見たり怒ったりすると子供は感情の行き場をなくしてしまいます。そんな時はあえて見ないふりをしましょう丸子供は落ち着いてきたらすぐ後か次の日になるか分かりませんがチャレンジし始めます。

クリアネオ お試し

ただ愛情をいっぱい注いで

私は最近モンテッソーリという教育法を勉強しているのですがそれによると0歳のうちはほとんど何もすることがないようですね。モビールなどもありますがそれを目で追うぐらいだと思います。0歳のうちは自分でできることが少ないのでただ愛情をいっぱい注いで簡単なものをつかむ練習ぐらいをさせる程度で大丈夫です一歳を超えるようになると自分でできることが増えてくるのでそれをお手伝いすることがお母さんのタスクになります。子供達は自分でできるようになることね自律神もめまいがしまた家族のお手伝いをできたら家族の一員だという気がして嬉しくなりますよね。このように自分でできることの喜びを実感させてあげることが重要のようです。